BLOG

季節情報

2019/11/09

日光紅葉情報♪

最近朝晩の寒さが増し、冬の訪れが感じられますね。

つい最近まで紅葉が見頃だった中禅寺湖や華厳の滝、いろは坂や戦場ヶ原では葉が散り始め、紅葉が終わりを迎えた場所もあるようです。
現在紅葉が見頃なのが、神橋、憾満ヶ淵、霧降の滝です!

■神橋
神橋は、二荒山をご神体としてまつる二荒山神社の建造物。
日光山内の入り口にかかる木造朱塗りの美しい橋で、日本三大奇橋の一つに数えられています。
今の時期は、大谷川に沿った木々が鮮やかに彩られ、神橋の朱色との見事な共演をお楽しみいただけます◎
当館から神橋までは車で約40分、または東武日光駅から徒歩約20分です。
近くに今年で世界遺産登録20周年を迎えた日光の社寺もございますので、観光とあわせて紅葉狩りに出かけるのも良いですね(^^)

■憾満ヶ淵(かんまんがふち)
憾満ヶ淵は、男体山から噴出した溶岩によってできた奇勝です。南岸には、数えるたびに数が違うといわれることから化地蔵(ばけじぞう)とよばれる約70体の地蔵群が、また上流の絶壁には、弘法大師が筆を投げて彫りつけたという伝説のある「かんまん」の梵字が刻まれており、弘法大師の投筆とよばれています。
地蔵群の対岸は日光植物園になっており、美しい紅葉をお楽しみいただけます。
当館から憾満ヶ淵までは車で約50分、または東武日光駅から東武バス湯元温泉行き、中禅寺温泉行き、奥細尾行きバスで総合会館前バス停下車徒歩約15分です。

■霧降の滝
古くから華厳の滝、裏見の滝とともに日光三名瀑の一つに数えられている滝です。霧降川にかかる滝は上下2段になっており、上段が25m、下段が26m、高さは75mあります。
下段の滝が、まるで霧を振られるかのように水が岩に当たり、飛び散って流れ落ちる様子からこの名がついたといわれています。
今の時期には、滝の両脇を彩る紅葉をお楽しみいただけます◎
当館から霧降の滝までは車で約50分、または東武日光駅から東武霧降高原行き、大笹牧場行きバスで霧降の滝バス停下車観瀑台まで徒歩約15分です。

日光は標高差があり、紅葉の見頃も場所によって異なりますので、日光へお越しの際は今が見頃のスポットへ足を運ぶのがおすすめです(^^)
当館周辺も紅葉が見頃ですので、日光の紅葉を見にぜひお越しください!

▼【日光の紅葉に感動の秋2019】秋限定お土産セット付き★夕食は和洋中100種のブッフェ♪♪
https://www.489pro.com/asp/489/menu.asp?id=09000015&ty=lim&plan=823&lan=JPN

友だち追加

カレンダー

カレンダー

<11月2019年12月1月>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

カテゴリ

カテゴリ

最新記事

最新記事