BLOG

宿たより

2019/06/01

休み方改革で増えた休みの上手な使い方

■「休み方改革」によって休日が増える
現在日本政府が主導して推進している「休み方改革」。これは、労働者の「休みが取りやすい環境を作る」という取り組みです。政府だけではなく、民間の企業も一体となって進めています。
諸先進国の中でも、有給休暇の日数や取得率の低さが目立つ日本。この改革が進むことで、休日の日数は増えていくとされています。

■増えた休みはどう使う?
「休日が増えても、どうしたらいいのか分からない」という方も少なくはないのが日本人だと思います。
休日は家の用事を済ます、美容室や床屋へ行く、洗車をする、と行わなければならない事で1日終わってしまった、という方も多いようです。しかし、休日が増えれば、もっと休日の過ごし方の幅は広がっていきます。
普段なかなかできない休日の上手な使い方を3点ご提案いたします。

■家でゆっくり読書
せっかくの休日。いつか読もうと思っていた本をじっくり読むのはいかがでしょうか。
長編小説や、自己啓発本、もちろん活字本だけではなく、雑誌をじっくり楽しんだり、長編漫画を一気読みするのも最高です。頭のすっきりしている午前中が読書には適していると言われています。お昼前までの時間を読書に使えるのは、休日だからこその贅沢。最高の過ごし方の1つではないでしょうか。

■ボランティア
休日にボランティア?と思われる方もいると思います。今は移動、宿泊の心配をせずに参加できるボランティアもたくさんあるのです。
子どものサマーキャンプの手伝いや、障害者の方と一緒にプールで泳ぐボランティア、そして自然災害の被害にあった被災地の片づけなど、多くの支援団体がボランティアを募集しています。
ボランティアは社会貢献をしながら、人との出会いを通して自分を成長させるチャンスにもなります。

■プチ温泉旅行でリフレッシュ
飛行機に乗って遠くまで旅行、は楽しい反面、やはり体が疲れてしまうことも。その点、近場でのプチ旅行なら、心身共にリフレッシュできます。
旅行に行くなら、やはり温泉も楽しみたいものです。首都圏からアクセスのよい温泉地はいくつかありますが、その中でもおすすめなのは鬼怒川温泉です。
あさやホテルのある鬼怒川温泉は、世界遺産日光の社寺で有名な、栃木県日光市にあります。
鬼怒川温泉までは、JRなら新宿や池袋からは直通電車が出ています。東武鉄道なら浅草から直通。所要時間はともに2時間ほどです。
この所要時間なら、移動の疲れを大きく考えずに気軽に訪れることが出来ます。世界的な観光地であり、温泉もあり、そしてアクセス抜群と、プチ旅行には最高のロケーションと言えます。

あさやホテルでは、豪華施設と自慢の料理、圧倒的な開放感の空中庭園露天風呂、そして歴史ある最高のおもてなしで、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
宿泊プランをご予約の際には、入会費・年会費無料のあさやホテルのWEB会員(あさや倶楽部)にご登録頂けると、館内飲食施設の優待券やその他お得な特典を入手いただけます。下記リンクからお得な特典をチェック↓↓↓

 

カレンダー

カレンダー

<10月2019年11月12月>
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

カテゴリ

カテゴリ

最新記事

最新記事